ホームページ制作におけるプロセスとは

ホームページ制作におけるプロセスを解説

ホームページ制作は時代共に、少しずつ様変わりしています。

ご存知、スマートフォンユーザーの増加、
また、タブレットをはじめとする
マルチメディアの台頭により、多くのユーザーに適した
Webサイトを作成しなければ、閲覧者の満足度を満たすことが
できなくなりました。

ここで、制作手法においても、かなり変化したのです。

デザインカンプは必要無し

それがデザインカンプを省略するということです。

デザインカンプをきちんと作成してから、その設計の下、
ホームページを作成することが望まれていましたが、
今では、様々なデバイスに合わせたHPでなければいけません。

その際、どうしても事前に仕様を決定することが難しくなったのです。

色々なデバイスに合わせるために、微調整しなければいけなくなりました。

このことにより、実際のコーディングを行いながら、
制作して形づくることが今では主流となりつつあります。

また、個人的意見ですが、今後、小さな画面に多くの情報を
入れ込む必要性もある為、画像の比率は少なくなります。

つまり、デザイナーの仕事は少なくなっていくと診ています。
ホームページ制作の流れはこちら

ホームページ制作におけるポータルサイトの気を付けるべき点

ホームページ制作におけるポータルサイトの留意点

ホームページの制作において、ポータルサイトを作成する
機会も非常に多いのではないかと思います。

そもそもポータルサイトとは、人が集まるものでなければ、
その体を成すことはできません。

したがって、集客が前提の上に成り立ちます。

ポータルサイトをどこで知るのか?

例えば、All AboutのちょっぷるというCMが以前テレビで
流れていましたが、このように、何かのトリガーがあって
はじめて…知ることとなったり、FaceBook等のSNS、
または、seoなどを駆使しなければ、なかなか世間には
浸透しきれません。

このような背景から、ポータルサイトを運営する以前に、
告知活動をどのように行うかを検討しなければいけません。

これが実は最もネックとなります。誰もが案外軽視しがち
ですが、いかによいWebサイトを立ち上げても、それを
見てもらえなければ何の意味もないのです。

これが永遠のテーマでしょうか。

ホームページ制作におけるページ内検索の重要性

ページ内検索の需要は高まっています

ページ内検索は、Webサイト内を迷った際に、
また、探し求めているページへと直ぐにたどり着く
ためには、必須と言って過言ではありません。

パンくずリストも同様の類と認識していますが、
そもそも前後間のユーザー行動に左右される為、
全く的外れなページであっては、中々該当ページに
たどり着くことはできません。

これは、Googleのツールからも利用できますし、
多くの方がご存知なのは、ワードプレスでの標準装備
だと思います。

これにより、ページ内の細部までを検索することができるのです。

このページ内検索がクローズアップされた背景には、
スマートフォンサイトの台頭があります。

スマートフォン対応の1要素です

外出先等で、検索する際に何を求めているのか?

そもそも検索する意図は、求める情報へと早くたどり着くことです。

その為、Flash等であちこち煌びやかな画像を見せる必要性は
本来無いのです。

このように、ホームページそのものの目的や用途が様変わりして
まいりました。

これからは、情報提供をより早く行えるWebサイトが世間から
求められる時代なのです。

アフィリエイト目的でホームページを制作する際の注意点

アフィリエイト目的でホームページを制作する

アフィリエイト目的でホームページを制作する場合、
何に注意して気を遣う必要があるのでしょうか。

それは、明確です。

アフィリエイトとは何かを追求するとその答えが見えてきます。

その目的を追求していくと、導線を作る事のみなのです。

そのWebページで長い時間滞在してもらうよりも、目的にページに
飛んでもらえれば、それで役目は果たしたと言えるのです。

だから、色使いやデザイン性の細部にあまりにも時間を掛け過ぎるよりは、
集客の為に時間を使った方がよいのです。

1にも2にも集客なのです

これに気づいた方は、アフィリエイトもうまく軌道に乗るのではないでしょうか。

これは、一般のホームページ制作においても核心をついた言葉です。

参考に、福岡のホームページ制作業者のWebサイトを診てください。

おそらく、見栄え的に特に綺麗であるとか、目立っているということはないと思いますが、
それ以上に大事なことは売れるHPか否かということです。

営業マンとしてWebサイトが機能しているからこそ、営業工数を掛ける事無く、
集客へと結びつけることができるのです。

この事実を忘れずに、本質や幹から外れずにHP作成を行ってください。

ホームページ制作ソフトについて

ホームページ制作ソフトの利用について

ホームページ制作ソフトを利用していますか?

HPを作成していくうえで、1からソースコードを
作成していますか。

作成ソフトが多数あります

例えば、HTMLやCSSをドキュメント宣言から書いていますか?

ここまで最初から入力するよりは、やはりコピー&ペーストで
よいとは思いますが、開発者は一般的にDreamweaver(ドリームウィーバー)を
用いています。

その他、Jimdo(ジンドゥー)やホームページビルダーや
BiND8等々、有料でボタンを押すだけや選択するだけなどで
Webサイトを作成できるソフトもあります。

以外には、CMSで代表とされるワードプレス(WordPress)なども、
基本ソースコードを触らなくてもHPの作成が可能です。

このように、今は多くのホームページ作成ソフトがあるため、
1からの勉強は必要無くなってきました。

しかし、細部に拘ったHPを作りたい方においては、少しは
勉強した方がよいでしょう。

その指標として、Webクリエーター上級試験などもあります。

このように、HTMLやCSSとは何かをきちんと基礎から身に付けると、
後々楽ですので、一度は挑戦してみることを推奨します。

ホームページ制作ブログについて

ホームページ制作ブログは何を利用していますか?

最もおすすめなのは、自前です。

その観点ですと、ワードプレス(WordPress)ですと、
仮に企業の事由で廃止となっても被害を被ることはありません。

以外では、芸能人等も利用しているユーザー数No.1のアメーバブログでしょうか。

このブログですと、色々な方が見てくれる可能性が高くなるかも
しれません。というのも、利用者の数が多い為、
その中でコミュニティが発生するからです。

多くのブログが存在します

その他では、FC2やlivedoorブログ、seesaa等もSEO対策の観点からですと
おすすめです。

特にFC2は、HTMLやCSS等のソースコードを直接触れる為、フルカスタマイズが可能です。

Ping等ブログの機能を最大限に活かしながら、普通のHPのように、
デザインをカスタマイズすることもできます。

そういう意味では、アメブロにおいても、普通のHPのようにして、
公式Webサイトとして用いている方も非常に多いようです。

これからは、このようにうまく機能を活かしながら、
最大限に利用することがブログの利点ではないかと思います。

ホームページ制作の勉強について

ホームページ制作の勉強は何をしていますか?

通常では、Web専門学校や求職者支援訓練といった
学校や機関で、HPの作り方を1から叩き込まれます。

その際に、開発者がよく利用するadobeのドリームウィーバーや
フォトショップ、イラストレーターを学ぶこととなります。

しかし、数年でも修得が厳しいのに、また、ソフト1つ学ぶだけでも
それなりの時間が掛かります。

その為、全てが中途半端なスキルとなってしまい、
現場では到底通用しないのです。

ちなみに現場では、ディレクター、コーダー、デザイナー、
SEO担当という分業制となっています。

ホームページ作成の目的は?

先ずは、どのポジションに就きたいのかが重要です。

コーディング中心とするのか、絵が好きなので、画像加工の
デザインが中心となるのか、それともマーケティングが好きで、
ディレクターや集客コンサルティング、はたまたSEO対策をおこなうのかで、
その役割が異なることから、勉強する内容も変化してきます。

だからこそ、HPを作成する目的やどのポジションで
活躍したいのかを予め明確にしておくべきです。

デザイナーでしたら、そもそもそれほどコーディング力は
必要としません。

adobeのドリームウィーバーを現場では使用すると思いますが、
使用する箇所は限られています。

また、起業でWebサイトを利用しようと考えているならば、
断然マーケティングやアナリティクス、SEOを勉強した方が有利です。

その前提として、どんなHPでも状態が診れるように、
簡単なHTMLやCSSは学ぶ必要性がありますが・・・。

いずれにせよ、スペシャリストとしてでないと、
なかなか就職も厳しいのが現実かもしれません。

オールランドで勉強しながらも、得意とする分野は
最低限つくっておきましょう。

ホームページ制作依頼の注意点について

ホームページ制作依頼はどのように行っていますか?

素人からは、やはり留意点や注意点は見えずらいのでは
ないでしょうか。

その為、現場に従事している者からの意見をお伝えして
いきたいと思います。

約束と提案

先ずは、最低限のこととして、どのような業界にも
当てはまるのが納期です。

先ずは納期ありきなのです。これが守れるかが最低条件となります。

次に、依頼していた項目を全て網羅できているか否かとなります。

この部分でこのようにして欲しいと依頼していたにも関わらず、
完成したものが別の物になっていたならば、それは論外です。

お客様の意思を無視した内容となっているのならば、
それは納品とは言いません。

そして、提案をきちんとしてくれるかとなります。

素人では思いつかない枠を超えて、色々な提案を行えるかが、
業者に依頼した際に、プラスでの唯一ポイントとなります。

例えば、デザイン性において、他社よりも充実している点がある、
集客を見込んだプランを提供してくれるというメリットがあることで、
お客様は満足だと思います。

つまり、依頼者の立場としては、この点を追求すべきではないでしょうか。