SEOとコーディングの関係性

コーディング力はSEOの基盤です

SEOとコーディングは切っても切れない関係性です。

ちなみにOSとアプリケーションソフトウエアとの関係性とよく似ています。

基盤ソースコードを安定させる

基盤において、W3C基準に基づいたコーディング力を伴うことで、綺麗なソースコードが形成できます。

OSと同様、ソースコード基盤が綺麗に整然としていることで、
その上にあるコンテンツが、Googleにきちんと解釈してもらえるのです。

つまり、ソースコードありきであり、
加えて、タグの使用数や位置関係といった適切な配置で使用することが求められています。

なぜならば、タグには、本来の意味や意図があり、それに沿った形で活用することが最適なのです。

タグの持つ意味を無視して使用すると、検索エンジンが解釈に悩むのです。

このように誤解を生じることが無いように、検索エンジンの目線で合わせてあげること、
つまりきちんと理解させることが重要なのです。

その為、HP作成知識は必須です。

しかし最近では、ホームページ作成知識が無くても、
ブログのようにボタン一つで作成できるHP作成ソフトが沢山ありますので、それを活用するとよいでしょう。

また、ワードプレスをはじめとしたCMSでも代用可能です。

SEO書籍等で理解すれば、HTMLやCSSを直接触らなくとも、該当箇所を変更することができます。

これからは、アウトプットの理想形さえ理解できれば、ホームページ制作は問題ないというのが現状でしょう。