SEO対策で上がらないという方は

SEO対策で上がらないという方へ

SEO対策で上がらない方へのメッセージ…SEO対策は、先ず中身ありきです。

これをアウトソーシングして他社と一緒に協業で行うこともおすすめですが、
人任せ、他人任せにしてはいけないのです。

なぜならば、自分自身が関与していないWebサイトは骨抜きだからです。

骨太のコンテンツを作成する

コンテンツSEOという言葉がささやかれる中、他人が書いたコンテンツ・記事は魂が宿っていません。

その人の言葉ではないことから、どうしても、中身が伴わないのです。

だからこそ、そこを同じような文章でもGoogleの優秀な検索エンジンに見透かされて、上位表示できないのです。

このあたりの事情をよく理解しなければいけません。

結論、やはり文章や記事の骨子だけは、Webサイト運営者が関わるべきです。

そして、この軸がきちんと定まった文章があるならば、それをリライトするのは問題ないでしょう。

分かりやすく表現すると、脊椎動物か無脊椎動物かということです。

背骨がきちんとあるか否か、すまり1本筋が通っている幹の太い文章なのかが、成否の分かれ目です。

SEO対策とビッグキーワードの関係

SEO対策はビッグキーワードを考慮すべきか?

SEOにおいて誤解しないで欲しいこととして、ビッグキーワードであればあるほど、
単純に上位表示が難しいということではありません。

ビッグか否かはキーワードにもよります

加えて、ビッグキーワードと呼ばれるものの、その殆どに言えること、それは、コンバージョン率に繋がり難いのです。

たとえば、SEO対策で上位表示させるよりも、「SEO対策 福岡」等の地域名を加えて上位表示させた方が、
よっぽど反応があると思います。

それは、その言葉の意味を調査している方がいるからです。

つまり、ノイズが入ります。

対して、地域名が加わると、これは明らかに業者を探しているのです。

このように、検索の目的をよく検討する必要があります。

どのような意図でその検索となっているのかを考えましょう。

さもないと、見当違いの方からの問い合わせに対応せざるを得ないばかりではなく、
問い合わせそのものが無くなる可能性もあります。

また、業者においては、このことを理解した上で、営業してくる会社もあるようです。

誰からも望まれていないキーワードが存在しており、それを上位表示できたことを引っ提げて、
営業ツールや実績として、営業を掛けてくるのです。

そもそも、SEOができる会社は、SEOで集客すればよいので、営業そのものを行わないのです。

これは上場企業においても同様です。

この背景を理解したうえで、専門業者に依頼してみましょう。

SEO対策は意味がないという方へ一言

SEO対策は本当に意味がないのでしょうか

単刀直入に回答します。勿論、意味があります。

よく、SEOは終わっただとか、無くなったという素人意見も
あるようですが、そんなはずはありません。

そもそもSEO市場は、2016年で約437億円とも言われています。

考えてもみてください。ネット閲覧を行う際に、大半が検索に頼っています。

この事実がある限り、意味がないということや、終わる事はありません。

寧ろ、年々需要が上っているぐらいです。この事実をどう受け止めるのでしょうか。見てもらえることから繋がります

先ずは見てもらわないと何も始まらないのです

どんなによいホームページを作成したとしても、それが見てもらえないのでは、誰に向けたものなのか、
全く意味を持たなくなります。

その為、最優先事項として、SEOを検討することを推奨します。以外ならば、広告との併用です。

いずれにせよ、広告においても、スタートは検索からなのです。

つまり、検索市場を制覇すれば、ネット市場を牛耳ることができ、あらゆる事業を優位にすすめていくことができます。

ドメインをSEO対策する

ドメインとSEOとの関係とは

ドメインも少なからず、SEOに関係性があります。

Googleの発言では、ドメインつまりURLは、ひと目でみて、Webサイトを想起しやすいものを使用するようにとのことです。
例えば、業種や業界、そして地域に拘ってURLを考えるならば、エステを福岡で開店するということならば、
http://este-fukuoka.com/ なんていうドメイン=URLもよいと思います。

ドメインを科学する

誰が見ても想像しやすいものを選ぶようにしましょう。

それから、ドメイン年齢も関係しています。

古ければ古いほど、オールドドメインともいって、その脅威を発揮できます。

ただ、これには、その他のアルゴリズムの兼ね合いもより大きく影響するようになりましたので、最近では疑義も生じています。

それから、短いドメインも有効に順位に響いてきます。

特に、あまりにも上位表示を狙いすぎた作為的なSEO対策は、取り締まりの対象となる可能性があります。

ハイフンを複数使用した長いドメインなどは、気を付けるべきです。

加えて、統計上、長すぎるドメインは上位表示しずらいそうです。

というよりも統計上そのような傾向にあるようですので、Googleの発言も取り入れるならば、短め・簡潔にしながらも、理解しやすいドメインを使用するようにしましょう。

SEOと滞在時間の関係性

SEO指標に滞在時間は関係しているか?

SEOのアルゴリズムのなかで、滞在時間は関係していると思いますか?

ひとついえるのは、関係させることも可能ということです。

Googleアナリティクスという分析ツールにより、滞在時間を測ることは可能です。

Googleアナリティクスによる分析が可能

但し、これをアルゴリズムの指標のひとつに 加える事は妥当なのでしょうか。

少なくとも、これを反映させるとしても、比重はかなり低くしなければいけません。

例えば、答えを求めて検索している人が、Webサイトを開いて、ぱっと見て離脱することもあるからです。

この状況を分析すると、求めていた答えを知る事ができる。この時点で役目は終わっているのです。

だからこそ、離脱しても問題はないのです。

このように、ユーザー目線で考えると大きな矛盾が生じるのです。

だからこそ、滞在時間を気にする事はナンセンスだと言い切れます。