ホームページ制作におけるポートフォリオ作成

ポートフォリオという言葉をご存知でしょうか

これは就職活動においては、必須のツールであり、武器となります。

英語で紙挟みという意味がありますが、このWeb業界においては、
デザイナーが作成した作品集のこととなります。

ただ、時代の流れでペーパーレス化したことや、業界そのものを
表す手段としては、実際にプリントアウトした作品を持ち合わせて
面接に臨むよりは、デジタルで診てもらうことが多くなりました。

おすすめのポートフォリオツール

これまで作成した実績、センス、スキルをきちんと表現するために、
自作で作る事も良いですし、それをツールに頼ってもよいと思います。

IM Creator、Behance、format、salon.io、JAYPEG、Dribbble、Portfoliobox、Strikingly
といった種類がありますので、検索のうえご参考にしてください。

Webデザイナーの顔

実績はそれで顔となり資産です。

面接官にスキルを上手にPRすることなくしては、合格を手に入れる事は不可能です。

相手を納得させる為の武器として、就職活動の際は、常に携帯しておきましょう。

また、芸術的なスキルやセンスのみならず、その目的や意図もしっかり
アピールできるように準備しておいてください。