Web制作のトレンドについて

Web制作のトレンドとは

現況、おそらく殆どのHP制作の現場において、 デザインカンプは使用していないと思われます。

スマホ対応がトレンド

デザインは、大きく切り分けて、PC、 タブレット、スマートフォンと3種類用に サンプルのスクリーンショット、つまり設計書が 必要です。

中でも、スマホ対応として、現在レスポンシブWebデザインが 主流となっており、Googleも推奨しています。

しかし、レスポンシブWebデザインでの実現可能か否かは、 実際のデバイスで試してみないと分からないのです。

その観点からはデザインカンプとのいうのは、あくまでも 暫定で作成するということになります。

制作の途中段階で調整が入ることになりますので、 元々予定した見栄えとは異なる事も多くあります。

また、予めその変更を少なくする為には、場数を踏むことで ある程度解消できるはずですが、コーディングをより深く 理解していなければいけません。

つまり、デザイナーよりもコーダーが主として制作を進めて いくことが望まれています。

この立ち位置が以前とは異なる点です。

今までは、デザイナーが作成したデザインカンプを切り張りして いたものを、予めロスが無いように、OKかNGかの判断をコーダーが行うことが重要なのです。

これが以前とは異なる点であり、今の時流つまり、トレンドなのです。